何倍も楽しくなる甲子園球場

甲子園球場の情報をまとめて解説します!

甲子園球場は、日本には珍しく屋外型の野球場で収容人数は47000人。
世界でも最大規模の野球場です。

関西在住の方であれば、熱心な野球ファンでなくとも、一度は行ったことがあると思います。
内外野から応援の声が響き、外国の方でもきっと楽しめる球場です。
改修工事伴ないツタがいったん取り払われましたが、このごろ復活しています。

今回は、甲子園球場の歴史を、簡単にですがご紹介したいと思います。

甲子園球場の歴史

阪神甲子園球場が完成したのは1924年です。
建設したのは阪神電鉄。
総合運動凶器譲渡して作られ、当初はラグビーやサッカーの試合にも用いられていました。

阪神タイガース(設立当初の名前は大阪タイガース)の本拠地として使われるようになったのは、1935年からです。
1936年には日本野球連盟が設立され、今のNPBの潮流がもう既に出来ています。
セリーグの源流となります。

甲子園球場には、メジャーリーグ・野球を代表する人物でもあるベーブ・ルースも来所しています。
日米野球のために訪れて、球場の大きさに驚いたという逸話が残っています。

高校野球大会の本戦が東京ではなく、甲子園球場で開催されているのにも理由があります。
かつて阪神電鉄が所有していた鳴尾球場が、野球人気で高まりで観客を収容できなり、観客がグラウンドになだれ込むなどの事態に陥ったので甲子園球場が建設されたからです。

阪神タイガースよりも甲子園の日程が優先されるのも、このような事情からです。

甲子園球場周辺の開発

阪神電鉄は、甲子園選の沿線の土地を手に入れました。

そして、複合施設や住宅を開発し、西宮市は大きな発展を遂げることになります。

西宮七園と言われる高級住宅街があるのも、甲子園球場無くしてはありえなかったと思います。

甲子園球場の日よけの歴史

甲子園球場は1924年に竣工したのですが、その頃から内野席にある日よけは存在しています。

しかし、建設当初の日よけは、太平洋戦争の際に供出されてしまいました。

もともとは日よけのための覆いではなく、雨でもプレーするラグビーを観戦するためです。

野球のように、ラグビーは雨天中止しません。

ただ、当時より女性が日焼け対策として喜んでいたのは確かなようです。

復活したのは1951年です。

それまで鉄製だったのが、ジュラルミン製となりました。

このジュラルミンは熱を鉄よりも吸収せず、内野席の涼しさを確保してくれます。

そして、1982年に改築され、さらに2009年の大リニューアルの際にも切り替わっています。

パークファクター

パークファクターとは、球場のごとの得点・ヒット・ホームランなどの項目の偏りを、球場ごとの相関関係ごとに数値化したものです。

甲子園球場は、2017年現在、ホームベースから両翼が95メートル、中堅が120メートルの左右対称の球場です。

かなり狭い球場なのですが、外野の膨らんだ扇のような形や(東京ドームが直角になっていて、ふくらみがありません)、浜風の影響もあり、得点の出やすさは、セリーグではナゴヤドームに次いで2位の高さです。

ホームランに関しても、両翼95メートルと聞くと出やすそうにも思われるのですが、こちらもナゴヤドームに次いで2位の出にくさとなっています。

こう聞くと、「バックスクリーン3連発」がいかに衝撃を与えたか、想像いただけるかと思います。

ツタの歴史

甲子園球場といえば、あの森の洋館のような不気味なツタです。自然発生したものではありません。

1924年、落成の年に、外壁に意図的に植えられたものです。

以来、甲子園を示すキーワード・象徴として機能してきました。

残念ながら、安全基準などを見直すためのリニューアル工事で2007年に伐採されてしまいましたが、高野連加盟校贈呈され、2017年現在、株分けされたツタが再び戻りつつあります。

外壁に張り巡らせるようになるまではもう少し時間がかかりそうですが、方角によっては、全面を覆って成長している箇所もすでにあるそうです。

全国中等学校優勝野球大会の歴史

全国中等学校優勝野球大会、いまでは「甲子園大会」あるいは単に「甲子園」として親しみをもって呼ばれている大会ですが、第一回は1915年に開催されました。

朝日新聞社が当時からの主催者で、優勝は京都二中です。

中等学校といっても、旧制中学なので、現在の高等学校と同様です。

大会は、1924年に甲子園球場へと移り、以来一貫して甲子園です。

1942年から4年間は、大会が中止されていましたが、終戦後の1946年には復活しています。

53年にはNHKが中継を始め、今に至る「甲子園」の原型が出来上がります。

金属バットの使用が認められたのは1974年からです。

理由としては、木製バットは高価なことに加え、頻繁に壊れるなどして高校球児の保護者の経済事情からは好ましくなかったからです。

松井秀喜の5打席連続敬遠や、PL学園の連覇、大谷翔平の初戦敗退など、歴史のつまった、野球以上のものが甲子園大会にはつまっています。

まとめ

甲子園球場の歴史や、球場の特徴など、簡単にではありますがご紹介しました。

甲子園といえば高校球児の憧れの「聖地」ですが、真夏の炎天下で試合をやらせる過酷さ、大会開催時の阪神タイガースの全国行脚の負担、屋外球場にもかかわらず、甲子園大会に使用されるが故に、内野に天然芝が導入されないなどの問題点もあります。

しかし、甲子園球場には、外野の背後に聳える六甲山の風情や、自然環境、球場の歴史など、野球の本場アメリカの球場にも劣らない、アトモスフィアがあります。

甲子園球場近くには、甲子園歴史館もあるので、この記事を読んで、より深く甲子園の歴史を学びたい、資料を実際に見たいと思われた方は、そちらに遊びに行ってみて下さい。